ガスと電気の比較

土鍋はガスコンロを使います。オール電化住宅の需要に伴って、IHクッキングヒーター(電気調理器)も増えてきました。ガスの会社は電気と比較してガスをアピールしますし、電気の会社はガスと比較して電気をアピールします。実際のところ、どちらが良いのでしょう?どちらも利用した経験を踏まえて比較してみたいと思います。

ガスの特徴

ガスコンロの特徴は直火で加熱します。

ガスの長所
  • 使える調理器具がたくさんあるので、料理の幅が広いです。
  • タイマーや消化機能など便利な機能がついているガスコンロもあります。
  • IHクッキングヒーターに比べて安いです。
  • 炎が見えるので、ついているかついていないかがひと目でわかります。
  • 電磁波の心配がありません。
  • 汚れは炎の上昇気流にのって換気扇へ向かうので飛び散りが少ないです。
  • 全体にムラなく火が通ります。
ガスの短所
  • 多少掃除に手間がかかります。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターの特徴は、磁力で加熱し、磁力線によって鍋そのものが熱くなります。ウィークリーマンションなどのIHクッキングヒーターは簡易タイプなのか、消化してくれる装置はついていませんでした。必ずあてはまるわけではないみたいです。

IHクッキングヒーターの長所
  • つけっぱなしにしていると、自動で消化してくれます。
  • 換気扇が汚れにくいです。
  • プレートがフラットなので掃除がしやすいです。
  • デザイン性の高いものが多いです。
IHクッキングヒーターの短所
  • 調理器具が限られていて、料理に制限があります。
  • ガスコンロに比べて高いです。
  • スイッチが入っているのか、入っていないのかわかりづらいです。
  • 電磁波による体の影響やデータの消失が心配があります。
  • 決まったところにだけ熱が通り、ムラになりやすいです。
  • 普通のレシピはまだまだガスの場合が多く、IHクッキングヒーターの場合の加減が難しいです。
  • 炎が出ないので、汚れが広く散りやすいです。

ガス代と電気代はどちらがお得?

最近の住宅はオール電化(エコキュート)、オールガス(エコウィル)に分かれる傾向にあるようです。電気もガスも、基本料金が取られるわけですから、どちらかに統一したほうがお得という考えです。(でもどちらかが止まったらどうなるんでしょう?それが怖いと思います)一般的には電気のほうが安いとされていますが、オール電化、オールガスにした場合は安い料金プランが用意されていることがあり、一概にどちらが得とはいえません。ちなみに炊飯器でご飯を炊くと1回0.3〜0.5円なのに対し、ガスで炊くと1回3〜5円かかります。ガスも当然のことながら強火にするか、弱火にするかで料金が違ってきますが、その分調理時間も変わってきます。節約を考えるなら鍋から火がはみ出ない程度にし、余熱を利用して温めるのが良いでしょう。

環境に優しいのはガス?電気?

最近では自然エネルギーや新エネルギーの普及が進められていますが、まだまだ石油や石炭・原子力などに頼っているのが現状です。ガスと電気ではどちらが環境に優しいのでしょうか。エコウィルとはガスで発電するシステムです。エコキュートは電気で水を貯めたり給湯などをするシステムです。どちらも用途はお湯を沸かしたり床暖房と組み合わせたりと同じような使い道なのですが、どちらを選べば良いのでしょうか?

安心・便利な給湯器は?

エコキュートやエコウィルの特徴は深夜電力で沸かしてためておくので安いといわれています。しかし、昼間に炊くこともあるので本当に安くなるのか心配。水が不足する心配もあります。水垢や湯垢がたまるなら飲み水には使えない。場所をとるし価格が高い。という特徴があります。これまでのガス給湯器だと、省スペースで場所を取らず、使いたい分だけその都度お湯を作るのでロスが少なく、新鮮な水なので安心よね。

エネルギーの効率

でも、細かく見てみると、電気は石油・石炭・天然ガスなどを使って発電所から送電線を伝ってエネルギーが家庭に送られるのでロスが多く、ガスは天然ガスを使ってガス管を通るので、ロスが少ないという特徴があります。エネルギーの効率で見るとガスのほうが優秀になるんですよ。

ガスと電気、どちらを選ぶ?

最近ではガスコンロのデザインもおしゃれになってきました。土鍋なら火がまんべんなく通るガスをおすすめしますが、電子レンジやオーブンレンジだって短時間でいろんな料理が作れちゃいます。それぞれの特徴を生かして電気とガスを上手に使い分けるのが良いと思います。

© 2008 土鍋・奉行 All rights reserved.