土鍋を使って困ったこと

初めて土鍋を使ったとき、私は何も知らず、ただ買ってきたときの箱に書いてあった説明通りに土鍋を使っていました。でも、書かれていないことに関しては知らないままなので、結構不親切な感じがしました。(安い土鍋だし)実際に使ってみてこんなことがあったな〜というのをお話します。

土鍋に関する困ったこと

においがついてしまった!

普通に土鍋を洗ったあと、お湯をはり、酢を小匙1程度加えて一晩置きます。その後、水を流して洗い、弱火で15〜20秒空炊きし自然乾燥させます。酢のにおいが気になる場合はレモン汁を加えてみてください。茶殻を使ってもにおいがとれます。

汚れ・こげがとれない!

お湯を入れて取りやすくします。重曹があると便利です。ふやかしたらスポンジでやさしく洗います。長時間浸けたりこすらないようにします。土鍋を洗ったら自然乾燥させます。

土鍋にカビが生えた!

濡れたままの状態にしておくとカビが生えることがあります。お湯に酢を加えて火にかけると殺菌効果があります。それでも取れない土鍋は残念ながら買い替えになります。次に使うときは、しっかり乾燥させましょう。

ひびが入った!

実家の土鍋も、結構長いこと使っていたのですが、ひびが入ったとかで、鍋をしながら水が漏れていたのを思い出しました。おかゆのでんぷんでひびを埋めます。

土鍋から水がもれている!

これは、土と土の隙間から水がもれる現象で、吸水性のよい土鍋に見られます。こちらも目止めをすることで予防することができます。

割れてしまった!

土鍋が割れてしまったら、多分何も知らない人は捨ててしまうんじゃないかと思います。安い土鍋なら買い換えれば早いですしね。でも、大切な土鍋だったら修理をしてみましょう。金継ぎといって漆を使ってつなぎあわせる方法があります。家で直すこともできますし、金継ぎをしているお店もあって頼もしい存在です。是非再び食卓に登場させてあげてくださいね。

土鍋でご飯と炊くときに困ったこと

蓋を開けてしまった!

炊けたかな?と思って蓋を開けたらまだだった、ということもあるかもしれません。途中で蓋を開けてしまったら、炊く時間や蒸らす時間を長めにするだけで大丈夫です。

失敗した!

軟らかいご飯の場合、蓋をあけて水分を蒸発させます。固いご飯の場合、ピラフやパエリアにするのが向いていますが、水を足してお粥や雑炊にして食べることもあります。私はよくごはんにレトルトのスープをのせて、お湯をかけてリゾットや雑炊にしちゃいます。ムラのある炊きあがりの場合は、炊けていないお米と炊けたお米を分けて、炊けていない部分をもう一度炊きます。次に炊くときはお米の量を減らし、水平にお米を入れます。

土鍋・ご飯に関する疑問

安い土鍋は長持ちしない?

これまでホームセンターや食器やさん、スーパーなどで土鍋を見かけていましたが、最近100円ショップでも土鍋を見かけるようになりました。つい、大丈夫なの?と思ってしまうのですが、ホームセンターの土鍋も、スーパーの土鍋も、100円ショップの土鍋も、見た目は同じような気がします。初めて使う人にとって100円ショップの土鍋は充分に活用できるものだと思います。安い原料で安く作っているので、焼くときの温度や釉薬など、高価な土鍋に比べたら割れやすい作り方をしているのかもしれませんけどね。

土鍋で炊くときのご飯の水の量

土鍋でご飯を炊くときは、水を吸わせてお米をふっくらさせてから炊きます。レシピによって水の量について米の量に対して1.2倍とか1.5倍とか書かれてあって、どれが正しいのか解らなくなってしまいますよね。正しくは「水を吸わせたお米を同じ量の水」です。「お米の量に対し1.2倍の水」であっても、「お米の重量に対し1.5倍の水」であっても、水を吸わせたお米を基準に考えると同じことになります。

土鍋と仲良くつきあうには?

土鍋は使う人の手によって年を重ね、いい味を出します。安い土鍋でも高い土鍋でも、良きパートナーになってくれます。土鍋を製作する時点で、割れてしまうものもあるくらいですから、愛用の土鍋だっていつかは割れてしまいます。しかし、割れ方によっては違うものを入れて飾ったり、器として使うこともあるのです。また、アフターフォローをしてくれるお店を選ぶのも長くつきあうコツですね。みなさんも土鍋と末永く仲良くしてくださいね!

© 2008 土鍋・奉行 All rights reserved.