土鍋の種類

土鍋の種類っていろいろありますよね。同じ料理でも土鍋によって加熱時間や火加減が異なります。初めて選ぶ人は使い分けなんて難しいですよね。土鍋の種類は、料理やデザイン、機能などで分けることができます。いろいろな土鍋を紹介するので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

料理別土鍋の種類

料理別に見るならごはんのための土鍋、ビビンバのための土鍋というように炊飯器や石鍋といった調理器の代わりに使われることもあります。普段はアルミ鍋を使っているけれど、この料理には陶の鍋を使おう、とこだわる人もいるのではないでしょうか。

この料理にはこんな土鍋

ごはん鍋(炊飯用土鍋):1人用から大人数用まで大きさがあり、中蓋があるものとないものがあります。深型でまるみがあるのが特徴です。
ビビンバ鍋:陶器でできたビビンバ鍋は、人工的な加工を施した土鍋が多いです。そのため、目止めが必要なかったり安価だったりという特徴があります。
陶板鍋:陶板と呼ばれる調理器は鍋としてもフライパンとしても使うことができます。焼いたり炒めたりする、すき焼き・ステーキ・焼きそばなどの料理に向いています。蓋がついている鍋とついていない鍋があります。
煮物鍋(浅型):フランスのキャセロールと呼ばれるタイプの底が広い鍋です。カレーやシチューなど洋風の煮込み料理にも向いています。
土瓶蒸し鍋:急須のような形をした、土瓶蒸しに使う小さな鍋です。
ホーロク鍋:魚介類や野菜、きのこ類などを石焼き(ホーロク焼き)にするための鍋です。

デザイン別土鍋の種類

最近はデザインを重視した土鍋も増えてきています。しかし、見た目が良くても使い勝手が悪いと、すぐに落としたり割れてしまったりして買い換えることになり、長持ちしません。使い勝手の良さも備えたデザイン製の高い土鍋なら、流行に左右されることなく長く使うことができるでしょう。

流行に左右されないデザインの土鍋

片手鍋:持ち手のついた土鍋です。
丸小鍋:1人分のころんとした丸い鍋です。蓋の取っ手によっては茶碗として使うこともできます。
深土鍋(深型土鍋):だるま型とも呼ばれています。深い円柱型なのでご飯を炊いたり煮込み料理など多用できる土鍋です。
雪平鍋(行平鍋):1人用の片手つきの小さな土鍋です。アルミ製やアルマイト製もよくみかけます。

機能別土鍋の種類

最近の土鍋は大家族より個人で楽しむ、時間をかけずに手軽に楽しむ、という感じがします。例えば、仕切り鍋という土鍋は、中に仕切りがついていて、ひとつの料理を大勢が楽しむのではなく、それぞれが好きなものを食べるようにできています。でもそれはちょっと寂しいです。見方によっては複数の鍋を同時に楽しみたいから、というのもあるのかもしれません。本当に親しい間柄や親しくなりたい人とならこうした土鍋は使わず、普通の土鍋をつついて欲しいのですが、あれもこれも食べた〜いという欲張りな人におすすめしたいです。また、焦げにくいフッ素樹脂加工の土鍋もあります。フッ素樹脂加工のフライパン同様、手入れが簡単というものです。個人個人が楽しみ、なるべく時間をかけない、これらは現代の日本の家庭を表しているような気がします。

手軽に楽しみたい人向けの土鍋

仕切り鍋:鍋の中に仕切りがついていて、1度で複数の鍋料理が楽しめます。
フッ素樹脂加工:フッ素樹脂加工のフライパン同様、焦げにくい土鍋なので手入れが簡単です。
多用鍋:円柱型の陶でできた鍋です。深土鍋・煮物鍋同様いろいろな料理が楽しめます。
IHクッキングヒーター対応土鍋:IHクッキングヒーターに対応した土鍋で、裏に発熱シートが施されています。普通のガスコンロやオーブンレンジにも対応しています。

焼き物としての土鍋の種類

良い土鍋を選ぶなら、原料となっている土に注目してみましょう。自然の土を使っている土鍋と、人工的に強度を増した土鍋では仕上がりが異なってきます。こうした土鍋の多くはセラミックのような質感になっています。土鍋は使う前に目止めといっておかゆを炊いてから使います。人工的に強度を増した土鍋は目止めをする必要はありません。その土地で採れた土にこだわった土鍋は手間がかかります。しかし、その手間こそが土鍋の魅力でもあります。

原料の土にこだわった土鍋

萬古焼(万古焼・ばんこやき):三重県四日市市の焼き物です。
伊賀焼:三重県伊賀市と近隣の古くからある焼き物です。赤茶色をしています。
信楽焼(しがらきやき):滋賀県甲賀市の焼き物です。とぼけた顔のたぬきの置物(信楽狸)で有名です。黒褐色の仕上がりで、釉薬によって多彩な色が表現されます。伊賀焼と同じ産地の土を使用しているため、ぼそっとした雰囲気がよく似ています。
耐熱土鍋:調合された土によってひび割れしにくくできている土鍋です。目止めをする必要がなく、手入れが楽です。

土鍋の大きさ

土鍋の大きさは号数で表します。たまに「寸(3.03cm)」で表示されていることもあります。一般的な土鍋の大きさは次のようになっています。

6号(6寸):18cm、1人用
7号(7寸):21cm、2〜3人用
8号(8寸):24cm、3〜4人用
9号(9寸):27cm、4〜5人用
10号(10寸):30cm、5〜6人用

結局土鍋はどうやって選べばいいの?

どんな土鍋もそれぞれに向いた調理法というのがあります。安い土鍋なら割れても買い替えやすくて安心ですし、高級な土鍋は大事に扱うようになります。気持ちが引き締まるので、特別な日にはぴったりですね。土鍋は使えば使うほど味が出てくるものなので、自分がこの土鍋を育ててみたいな、と思ったらその土鍋とのつきあいが始まるのです。

© 2008 土鍋・奉行 All rights reserved.