土鍋の使い方とお手入れ

私は土鍋の特徴を知らないままに適当に使っていました。たくさん情報があって、どれが正しいのか解らなくなったりして。使い方を知らなくて泣きを見た人もいるのではないでしょうか。長くつきあっていくためにも、正しい土鍋の使い方をマスターしましょう!

土鍋を使う前に

土鍋を使う前には、土のにおいがついていて、水がしみこみやすい状態です。そのため、目止めというお手入れをします。目止めをすることで土鍋の土を引き締め、においや汚れがつくのを防ぎます。目止めにはおかゆを作る、野菜くずを煮る、小麦粉を煮るなどといった方法があります。頻繁にご飯やお粥を作っている場合は、既に目止めの効果があるかもしれませんが、久しぶりに土鍋を出したときは、お手入れのときに目止めをしておきましょう。しっかり膜をつけて、おかゆを炊いたあとは普通に水洗いします。

取り扱いの注意

土鍋を使うときは、濡れたまま火にかけないようにします。温度変化に対応しきれず、割れてしまいます。揚げ物もしないでください。土鍋の中にご飯や料理を長い時間入れっぱなしにしないようにします。においや色が残ったり、カビや雑菌が繁殖することもあります。また、土鍋を洗うとき、長時間水や洗剤の中に漬けておかないようにします。無意識のうちに置きっぱなしにしてしまうこともあるかもしれませんが、洗剤や汚れを吸ってしまいます。土鍋の底には釉薬が塗られていないため、たわしやクレンザーを使ってこすると傷がつくことがあります。ひび割れの原因にもなるので、土鍋の底はスポンジを使って優しく水洗いしてくださいね。

使ったあとの土鍋のお手入れ

熱に弱いので、熱くなった土鍋をいきなり水で洗うと割れることがあります。土鍋は一度冷ましてから洗います。乾かさないとカビの原因になってしまうので、布巾で拭いて風通しの良いところに収納します。弱火にかけて水分を飛ばす方法もありますが、土鍋によっては割れてしまうこともあります。しばらく使わないときはエアーキャップにくるんでテープなどでしっかり固定し、収納します。このときもカビが発生しないように、しっかり乾燥させましょう。

IHクッキングヒーターでの土鍋の使い方

IHクッキングヒーターを使用する場合も、ガスコンロ同様の注意が必要です。しかしその理由の多くは、IHクッキングヒーター対応土鍋の特徴である電熱プレートが関わっています。

  • 火力を急に上げない…IHクッキングヒーター対応の土鍋は、すぐに温度が高くなってしまいます。しかも土鍋の底と上部では温度差ができ、割れる原因になってしまいます。
  • 焦げつき・ふきこぼれに注意する…IHクッキングヒーター対応の土鍋には電熱プレートがあります。この電熱プレートの取り扱いには注意が必要で、焦げたり汚れたりするとうまく熱が伝わらなくなってしまいます。そのため、焦げつきやふきこぼれには注意をしなければなりません。
  • 洗うときは電熱プレートを傷つけないように洗う…これも同様に電熱プレートに傷がつくとうまく熱が伝わらなくなってしまうためです。
  • 充分に乾燥させる…電熱プレートに水が入り込むと電熱プレートがはがれてしまい、使いものにならなくなってしまうためです。
土鍋の使い方のポイント
  • 使う前には目止めをし、ひび割れの予防・におい・汚れの防止をします。
  • 土鍋を使うときは、土鍋の底についた水分を飛ばしてから火にかけます。空焚きをすると割れてしまう土鍋もあります。
  • ガスコンロ・IHクッキングヒーター・電子レンジなど決められた熱源を使用します。
  • 使い終わったときも優しく洗って、しっかり自然乾燥させてからしまいます。

正しい使い方を知ってお手入れをしていけば、土鍋はきっと応えてくれます…!

© 2008 土鍋・奉行 All rights reserved.